O脚

O脚とは脚を揃えたとき左右の膝同士がくっつかない状態を言います。

O脚の原因

O脚は股関節や骨盤のゆがみ、足の筋肉のつき方や姿勢のくせなどが原因の「姿勢的なO脚」と、矯正できない先天性や外傷性などによる骨の変形が原因の「構造的なO脚」があります。

O脚は日本人に特有の症状で、欧米人にはあまり見られません。これはO脚が日本人特有の生活習慣に因って起こりやすい為で、生まれながらの変形という訳ではありません。

O脚というと普通は膝の変形による「ガニ股」だと考えがちですが、実際には変形によってO脚になっている方は少なく、内股の強い人がO脚に見えてしまう場合がほとんどなのです。
内股の人の脚がO脚に見える原因は、人間の膝は真っ直ぐ伸ばした時に少し反り返る事にあります。(これを過伸展といいます)この反り帰りによって安定して立つ事ができるのです。内股の人は180度真っ直ぐになっている時は、膝はそれほど開きません。しかし、完全に伸ばすと内側を向いている脚は外側に広がって反って行くのです。
当然、生まれつきの膝の曲がりも考えられますので、全てではありませんが、多くは内股によってO脚に見えてしまうのです。

O脚を放置すると・・・

腸骨動・静脈が圧迫され下肢への血流が悪くなり、動脈が圧迫されると末梢まで血液が行き届かず末梢部位が冷えることになります。静脈が圧迫されると末梢に血が溜まり、血液中の水分が血管外に漏れ出すことによりむくみの原因となります。
長年続と膝の内側への過重が大きくなり、年をとって骨がもろくなってくると、膝の内側部分がつぶれ本当のO脚(変形性膝関節症)になる可能性があります。
股関節が内側を向いていることが長年続くと骨盤内の内臓が圧迫され血流が不足することにより月経不順などの原因ではないかと考えられています。

当院の施術では

まず「姿勢的なO脚」か「構造的なO脚」かを調べます。
O脚は股関節や骨盤のゆがみ、足の筋肉のつき方や姿勢のくせなどが原因の「姿勢的なO脚」と、矯正できない先天性や外傷性などによる骨の変形が原因の「構造的なO脚」があります。
多くの方は「姿勢的なO脚」であり矯正可能な場合が多いのです。
原因をきちんとご説明し、一人ひとりに合わせた方法で無理なく矯正していきます。
※矯正期間は症状によって異なりますが10~20回、約2ヶ月が目安です。

原因をきちんと説明し、矯正可能なO脚であれば骨盤や股関節をまたぐ筋肉を和らげ、矯正しやすい状態にしていきます。
そして独自の技術で矯正をしていきます。
またエクササイズ等も取り入れなるべく短期間で矯正できるようにしていきます。

Comments are closed.