腰痛・ぎっくり腰

日本人の8割以上が生涯において経験するという腰痛。
病院でレントゲンなどの画像診断で異常が見られないケースが多く、そのまま放置されている方が多いようです。

腰痛 (慢性腰痛)の原因

多くは悪い姿勢(特に椅子に座った状態)を長時間取ったり、日常生活で中腰が多かったりすることで腰の筋肉や筋膜が疲労し痛みとなります。
妊娠中や肥満など反り腰になりがちな体型からも背部の筋肉が緊張して痛みを起こすことがあります。
また背骨に問題があるもの(椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎すべり症、脊柱間狭窄症など)やストレス性、内臓疾患が原因のこともあります。

腰痛 (慢性腰痛)の主な症状

腰が痛い、重い、張っている。
腰からお尻にかけて痛みがある。
朝起きたとき起き上がるのがつらい。
電車など長時間立っていると腰が痛くなる。 など

当院の施術では

原因となっている硬く凝った筋肉を緩めていきます。
原因となる筋肉は深い場所にあることが多くトリガーポイント療法でしっかりとその深層筋を緩めて症状を緩和していきます。
そして筋肉が緊張を続けたことにより動きの悪くなった関節に動きをつけ、より良い方向に持っていきます。

腰に負担の少ない正しい姿勢のアドバイス、また家庭や職場で出来るストレッチや運動療法など取入れ凝りや痛みを繰り返しにくい体づくりをしていきます。

 

ギックリ腰 (急性腰痛)の原因

腰に負担をかける姿勢や動作を続けていると腰周辺の筋肉が強く緊張します。
緊張を続けた筋肉は硬くなり血行を妨げます。
その状態で前かがみの姿勢やひねったりする動作により腰の軟部組織(筋膜や筋繊維、椎間板などが顕微な損傷をし、炎症が起き発痛物質が発生し急激な痛みがおこります。

ギックリ腰 (急性腰痛)の症状

些細な動作(何かを取ろうとした、顔を洗おうとした、立ち上がった、クシャミをしたなど)で腰に「グキッ」や「ピキッ」といった感覚があり、激痛が走り立っているのもままならなくなります。
またその時は腰に違和感や鈍痛であってもだんだん痛みが強くなり、翌朝動けないこともあります。

当院の施術では

まず腰の状態を確認します。
症状改善の正しい方向に導く施術を行います。
自宅での対処方法や動き方、座り方などアドバイス致します。

激痛が治まったら痛みで硬くなった筋肉の緊張を和らげる施術を行います。そして姿勢、体操などをアドバイスすることで再発の予防を行います。

激しい痛みで動くのもつらい状態になり大変に不安になりますが、急性の痛みは正しく対処すれば必ずよくなります。逆に正しくない対処をすれば更に悪化させ痛みが治まるまでに時間がかかることがあります。

Comments are closed.