坐骨神経痛

坐骨神経とは腰からお尻、ももの裏、膝の裏、ふくらはぎを通って足先まで伸びた、人体で最大の長さをもつ神経です。
この走行に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを坐骨神経痛と呼びます。
症状を表す言い方であり、病名ではありません。

坐骨神経痛の原因

椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などや梨状筋(お尻の筋肉)の緊張によって坐骨神経が圧迫を受けた場合に起こります。

坐骨神経痛の症状

ももの裏や、ふくらはぎ辺りの痛みやしびれ、重だるい感じがする。また、その日の状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。

当院の施術では

原因となっている硬く凝った腰やお尻の筋肉を緩めます。
また痛みを感じていることにより硬く緊張した足先までの筋肉もしっかり緩めていきます。
そして筋肉が緊張を続けたことにより動きの悪くなった関節に動きをつけ、より良い方向に持っていきます。

坐骨神経を圧迫しにくい姿勢や生活習慣へのアドバイスを行い、また坐骨神経痛で筋力低下を起こしやすいお尻の筋肉を鍛える体操などを取り入れ、症状の改善、予防をしていきます。

Comments are closed.