頭痛

慢性頭痛のなかで最も多く見られるのは緊張性頭痛(筋収縮性頭痛)片頭痛です。
頭痛全体の90パーセントを占めると言われています。

緊張性頭痛 (筋収縮性頭痛)の症状

頭全体や後頭部、前頭部が重い、鈍く痛い。
酷くなるとズーンとした痛みがある。眼の奥が痛い など。

緊張性頭痛の原因

悪い姿勢(前かがみ、猫背など)を長時間取ることで特に後頭部の筋肉が緊張し硬くこった状態になります。すると血流障害を起こし組織の酸素不足になるため発痛物質が発生し痛みとなります。
その他、精神・肉体的ストレスや眼精疲労、運動不足なども原因と考えられます。

当院の施術では

原因となっている硬く凝った筋肉を緩めていきます。原因となる筋肉は深い場所にあることが多くトリガーポイント療法でしっかりとその深層筋を緩めて症状を緩和していきます。そして筋肉が緊張を続けたことにより動きの悪くなった関節に動きをつけ、より良い方向に持っていきます。


 

片頭痛の症状

頭の片側(ときに両側)がズキズキと脈を打つように痛む。
酷くなると吐き気を伴う。頭痛が起こる前兆がある。(チカチカした光など)など。

片頭痛の原因

ストレスや食物などにより頭部の血管が収縮し一定の時間その収縮が続くとリバウンド現象でズキズキとした痛みを出します。また家系的な傾向も多く見られます。

当院の施術では

筋骨格のバランスを整えることでストレスや痛みなどで交感神経優位になっている自律神経の調整をし、発作が起きにくくするお手伝いをします。
また発作時に自分で出来る対応方法やさまざまなアドバイスをしております。

頭痛についての注意

頭痛には様々な原因があり中には危険なもの(生命に影響がある)があります。
いつもと違うパターン(性質)の頭痛や中年以降に現れはじめた頭痛など、おかしいと思ったらまず病院の受診をお薦めします。

Comments are closed.