手首が痛い(腱鞘炎)

当院に産後の整体ケアにいらっしゃる方の中で、半分位の方がうったえる症状の一つとして手首の痛みがあります。
そう、所謂「腱鞘炎(けんしょうえん)」ですね。ドケルバン病とも言われます。

そもそも腱鞘炎とは何でしょう?
腱とは筋肉の一端でひも状で骨に結合している組織です。
腱鞘とはその腱を包む『鞘(さや)』です。
腱鞘には滑膜があり少量の滑液(潤滑油みたいなもの)によって腱の動きをなめらかにします。
その腱鞘の滑膜に過剰な摩擦が生じて炎症が起きます。
炎症とは充血、腫れ、発熱、痛みなどの症状を言います。

患部を押さえると痛みます。また写真の様に親指を握り手首を尺屈(手首の関節を小指の方向に曲げること)すると激痛が走ります。

難しいことはさて置き、要は使いすぎです。
抱っこなどお子様のお世話をする際、過剰な負担を手首に掛けてしまっているんですね。
今までに無い体の使い方に手首が悲鳴をあげているんです。

使いすぎが原因なのですから、一番の治療は休ませること…
分かっているけど抱っこしない訳にいかなですよね。
手首のコルセットやテーピングも有効かと思いますが、その度に装着する手間や暑い時期は蒸れなども気になりますよね。

そんな時に有効活用頂きたいのが抱っこひもなんです。
しかし赤ちゃんがぐずる度、抱っこ紐を付けるのは面倒ですよね。

当院はお子様連れの方が沢山いらっしゃいます。ぐずった時託児スタッフが抱っこをする訳ですが3、4人続けてなんて日常茶飯事です。託児スタッフが腱鞘炎になる訳にいかないので、あるものを使っています。装着も簡単でとても簡易的な正に字のごとく「抱っこひも」なんです。

写真は当院で大活躍の『抱っこひも君2号』。
お子様の体重を腕力で支えなくて済むので手首を休めることが出来ます。
うちで使っているものは手作りなのですが、同じような商品も売っているようです。ご興味のある方はお教えいたします。(当院での販売はしておりません)

当院では手首の状態にもよりますが直接患部への施術は基本控えています。その患部へ繋がる箇所を緩めることにより症状軽減や予防を目的としています。
当院の施術とご自宅での『抱っこひも』を上手く組み合わせ、手首の痛みに”さよなら”しませんか。

今痛い方も、今後痛くならないためにも。

※炎症が強く充血、腫れ、発熱などの症状がある場合はまず整形外科への受診をお勧め致します。