産後の腰痛

産後は今までに無い体の使い方の連続です。
授乳、おむつ交換、ぐずれば抱っこ、沐浴の準備・片づけ、寝かしつけ、 寝た後はまた2~3時間置きの授乳、おむつ交換……

赤ちゃんのお世話をする体の使い方の多くに共通することがあります。
それは ”前かがみ” です。
腰にとって一番負担の強い姿勢は前かがみや中腰です。
これだけでも腰が痛くなる原因としては十分です。

更に産後は気をつけなくてはならない事があります。
それは立っている時(抱っこ時など)の姿勢です。

本来人間の腰椎は前弯(お腹の方向に反っている)のが自然です。しかし必要以上に反っていると腰の筋肉を緊張させ血行不良を起こし腰痛の原因になります。日中前かがみや中腰で腰を疲労させ、抱っこなど立っているときは ”反り腰” 姿勢になり腰の筋肉の緊張を強めてしまう。
特に妊娠中から腰痛があった方は特に注意が必要です。

産後のママさんは反り腰になりがちなんです。
妊娠中はお腹がだんだん大きくなり骨盤が前傾(前方向に傾く)します。そうすると自然と反り腰になってきます。
妊娠中は運動不足になり、特に腹筋の筋力が弱くなりがち、筋力低下した腹筋が姿勢を支えきれず出産後も骨盤の前傾が定着してしまうのです。
そうなんです、体幹部の筋力が弱くなっているために反り腰が楽と感じてしまうんですね。
また反り腰がくせになると猫背になりやすく肩こりなどの原因にもなります。

当院では産後の整体ケアコースを設け、疲れた筋肉はしっかりほぐし、骨盤や体全体のバランスを整え、またエクササイズなどをアドバイスすることで妊娠中に低下した筋肉を戻すお手伝いを致します。
そして産後のママさんが通いやすいよう、施術中は専任保育士による無料の託児サービスを致しております。

産後の体調管理、ストレス解消などにお役立てください。