産後に多い姿勢

産後の方に大変多く見られる特徴があります。
正確な数字はとっていませんので感覚的なものになりますが、当院に産後の整体でいらっしゃる方の7割程度の方に見られます。

それは・・・「内股」と「反り腰」です。

2つのクセが強く膝の反り返りが加わると、いわゆる「O脚」に見えてしまいます。

O脚というと普通は膝の変形による「ガニ股」だと考えがちですが、内股の強い人がO脚に見えてしまう場合がほとんどなのです。

下のイラストをご覧ください。

膝の向きに注目してください。膝が内側を向いているのが分かります。一方下のイラストは正しいバランスです、膝の向きが真っ直ぐなのが分かります。内股の人の脚がO脚に見える原因は、人間の膝は真っ直ぐ伸ばした時に少し反り返ります。この反り返りによって安定して立つ事が出来るのです。内股の人は180度真っ直ぐになっているときは、膝の間はそれほど開きません。しかし、完全に伸ばすと内側を向いている脚は外側に広がって反って行くのです。多くは方は内股によってO脚に見えてしまうのです。

正しいバランス。膝の向きが真っ直ぐです。

続いて反り腰についてです。

左側・・・正しい姿勢です。残念ながらこの姿勢の方はごく稀です。
中側・・・猫背姿勢です。反り腰の次に多く見られる姿勢です。
右側・・・反り腰姿勢。産後に一番多く見られる姿勢です。

産後の方が反り腰が強くなる原因の一つとして妊娠中の姿勢があります。妊娠中は胎児が大きくなることで自然と反り腰姿勢になります。そしてお腹がが大きくなるにしたがって腹筋を使う量が減り筋力低下がおきます。すると腰が反りお腹が下がった姿勢が「楽」に感じてしまうんですね。そして産後もその姿勢のクセが残り反り腰が定着してしまうのです。また内股や反り腰は脚のむくみや冷え、腰痛や背中の痛み、肩こりなどの原因になることもあります。

内股や反り腰を直すには鍛えるべき筋肉があります。 当院では産後の整体ケアコースで施術の一つとして、姿勢改善のためのエクササイズを指導しています。クセの強さ、筋力、柔軟性、年齢など様々です。どなたでも続けやすい方法を探しアドバイスすることを心がけています。

※個人の満足度によるものが大きいため、全ての人が満足される効果を保障するのものではありません、予めご了承ください。