ぎっくり腰(急に腰が痛くなったら)

重いものを持ち上げたり、前かがみの姿勢での動作や些細な動作で腰にグキッ、ピキッと言う感覚があり急に腰が痛くなった、また腰に違和感を感じながらもその日は無事過ごせたが朝起きたら腰が痛くて起き上がるのに一苦労。いわゆる「ぎっくり腰(急性腰痛)」です。

運動不足、パソコン作業やデスクワークなど長時間座ったままなど、体を動かさない生活が多い人、またストレスを多く抱えている方などは筋肉が緊張して疲労したり萎縮しやすい状況になりぎっくり腰を起こしやすくなります。また若い人や、アスリートなどの良く体を動かす人でも疲労が蓄積すれば誰にでも起こりうることです。

ぎっくり腰のあの強い痛みを感じると、腰の中で大変な事が起こっているのではと不安に思ってしまいますよね。初めての経験でしたら尚更です。
とにかく安静にしなくては、そう思いがちですが、それ大間違いなんです。
動けない程の強い痛みの場合は仕方ありませんが、出来るだけ早く普段通りの生活を続けることが楽になる一番の近道なんです。

ぎっくり腰の多くは悪い病気などが原因ではなく一つの原因に特定できません。要するによく原因が分からないんですね。ぎっくり腰は簡単に言うと腰の筋肉がつった(ふくらはぎのこむら返り)ような状態です。ぎっくり腰の痛みのピークは72時間程度と言われます。個人差はあると思いますが3日~3週間であの強い痛みは消えることがほとんどです。
私の経験からですが痛みに耐えられないときは市販の痛み止めを試してみるのも良い手段かも知れません。

まとめ
ぎっくり腰になったら
◍まず落ち着く(パニックにならない)
◍必要以上に安静にしない
◍出来るだけ早く普段通りの生活に戻る

当院では
軽めのストレッチで萎縮した筋肉を伸ばしていきます。痛みが落ち着いてきたらトリガーポイント療法で背中、腰、臀部、脚などを施術していきます。痛みが引いた後も慢性化しないための施術や自宅で出来る体操などをアドバイスしています。

江東区亀戸のつくし整体院は赤ちゃんや小さなお子様と一緒に通える整体院。
亀戸エリアでは唯一、保育士のによる託児サービス付。
産後の整体ケア、骨盤矯正、マタニティ整体(妊娠中の整体)頭痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などでお悩みの方は是非当院にご相談ください。