腰に負担のかかる姿勢

さまざまな姿勢が腰にどの位負担がかかるのでしょうか?
数値で表すとどうなるでしょう。
(体重を100%とした場合)
 
仰向けで寝る        ➔  25%
真っ直ぐ立つ        ➔100%
立って前傾         ➔150%
立って前傾で荷物を持つ   ➔220%
椅子に座る                 ➔140%
椅子に座って前傾      ➔185%
椅子に座って前傾で荷物を持つ➔275%
(Nachemson 1976 )

如何でしょうか。
立っているときよりもイスに座っている時の方が負担が大きくなっています。そしてどの姿勢でも前傾(前かがみ)をすると負担が大きく上がります。如何に前かがみが腰に悪いかがお分かり頂けると思います。

特に注意したいのが、立って前傾で荷物を持つイスに座って前傾で荷物を持つです。体重の約2~3倍の重さが腰に掛かっています。この荷物をは約5㎏を想定していますので、生後2~3ヵ月位の赤ちゃんの重さと同じです。

次に注意したいのが、立って前傾椅子に座って前傾です。両方共に前傾していない姿勢の約1.5倍の負担増です。
背中が丸まった姿勢(猫背姿勢)で椅子に座っている時も同様の負担増になると予想されます。
如何に座っているときの姿勢が腰痛予防には必要か分かりますよね。

家事、育児など日常生活は前かがみに溢れています。前かがみにならなければ出来ないこと沢山あります。
前かがみを絶対するなとは言いません、しかし腰痛の人にとって”前かがみは悪”と言うことは知っておいて頂きたいのです。

今、腰が痛いあなた、前かがみと猫背には”悪いヤツ”が潜んでいますよ・・・江東区亀戸のつくし整体院は赤ちゃんや小さなお子様と一緒に通える整体院。
亀戸エリアでは唯一、保育士のによる託児サービス付。
産後の整体ケア、骨盤矯正、マタニティ整体(妊娠中の整体)頭痛、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などでお悩みの方は是非当院にご相談ください。