産後の整体ケア

産後の整体ケア

産後だからこそお体のケアが必要です
出産後は、妊娠や分娩によって変化した体が妊娠前の状態にこれから戻ろうとしている、あるいは分娩後のホルモンバランスの変化に伴い心身的にも不安定な期間。
産後1年位はまるでリハビリ期間中のような時期だと思います。

しかし、待ったなしで育児はスタートします。
赤ちゃんがいる生活は24時間分刻みのスケジュールですよね。
授乳、おむつ交換、ぐずれば抱っこ、沐浴の準備・片づけ、寝かしつけ、 寝た後はまた2~3時間置きの授乳、おむつ交換……
そして日々赤ちゃんは大きくなり、ママの負担も日々大きくなる……

体がつらくならない訳がありません。
でもつい自分の事は後回しにしていませんか?
ママの体のケアだって赤ちゃんと同じくらい大切です。
ママの笑顔がその家族に幸せをもたらす、私たちはそう考えています。

専任保育士の託児付 (月~金曜 9時~16時のサービスです)

整体に行きたいけど子どもを預ける人がいなくて……。
ご安心ください、当院は専任保育士が常勤しております。
院内の託児スペースで、施術中保育士がお子様のお世話を致します。
もちろん無料にてご利用いただけます。どうぞ安心してお子様と一緒にご来院ください。

託児サービス ”ままtime”

2018.01.25
こんな方が多くご来院されます

  • 骨盤周辺の不安定感 ・お尻から脚がつらい
  • 骨盤のゆがみが気になる ・疲れやすい
  • 育児疲れで体ボロボロ ・手首がつらい
  • 毎日抱っこで背中バリバリ ・不規則な睡眠でイライラ
  • 肩首が凝って頭痛がする ・ストレス解消・リラックスしたい
  • 手のむくみ、こわばり ・たまには自分にご褒美をあげたい
  • 膝がつらい ・そろそろ復職、体調を整えておきたい
  • 元々あった肩こり腰痛が更にひどくなった
  • 第二子(三子)妊娠中、育児で体しんどい
  • ねこ背が気になる ・尿漏れが気になる
  • 脚がむくむ、だるい など

骨盤は開いたままもどらない?

骨盤が開いたまま元にもどっていないから、それが痛みや歪みの原因になっている……。
そう思われている方多いように感じます
しかしそうでしょうか?
それは違う。私達はそう考えております。
出産時には骨盤の結合部分を緩めるホルモンが分泌されます。分娩時に最大に開いても3~4㎝と言われます。

しかも赤ちゃんが産道を通りぬけるとき瞬間的に恥骨結合が開くのであって、ずっと開いたままなんてないんです。
骨盤の関節は靭帯という頑丈な軟部組織で覆われています。恥骨結合も同じです。
出産後その柔軟性に富んだ恥骨結合の軟部組織はお互いを引き寄せあいもとの状態に戻ろうとするのです。
(恥骨結合離開など重篤な病気などで開いたままはの状態は存在します) もし開いたまま元にもどっていなければ歩く事さえできません。

つまり産後骨盤が開いたままなんてありえないし、開いた骨盤を戻すためだけの骨盤矯正は必要ないのです。産後の肩こりや腰痛などつらい症状は開いた骨盤がもとに戻らないからではないんです。
開院以来、沢山の妊婦さんや産後のケアにいらっしゃる方々と向き合ってきました。その経験から導き出した私たちなりの結論です。

ではこの症状は何が原因か?

出産後は筋力が低下していたり、妊娠中に分泌されたホルモンも出産後分泌がとまります。どちらも通常産後1年ほどかけて回復していくようです。
つまり産後のママの体はホルモンや筋肉がアンバランスな状態なのです。
このアンバランスな時期にハードな育児やストレスが加わることで、痛み、歪みや不安定感など、 様々な症状に繋がっているのではと当院では考えます。

育児は無理な姿勢、動作の連続

育児って前かがみになること多いですよね。
これは首・肩・背中・腰に大きな負担をかけ、肩こり、腰痛、坐骨神経痛などの原因になることが多いです。
しかし、立っているときは反対に反り腰(骨盤が前傾した状態)になっていませんか?
妊娠中からの姿勢が長く続いたため腹筋などが弱くなり、この姿勢が楽になってしまいます。

また抱っこするときも反り腰になりますよね。
これはこれで腰に悪いのですが、背骨の土台である骨盤が前傾すると腰が反りすぎて、バランスを取るために背中が丸くなり、ねこ背の姿勢になってしまうのです。
それが固定されてしまうと、慢性的な首・肩のこりや腰痛、更に股関節まわりの筋肉が縮むことにより脚の血行を悪くするため、 むくみなどの原因となります。
また長時間の抱っこが原因で手首など腱鞘炎になる方、赤ちゃんを抱っこしたままでの立ち座りで 膝が痛くなる方も多いです。
産後の時期、子育て中のママさんだからこそ体のケア(メンテナンス)が必要なのだと当院では考えます。

当院の考える産後整体ケアとは

そこで当院で行う施術は

  • 育児で疲労し固くなった筋肉をほぐしたりストレッチなどをすることで筋肉を良い状態にしつらい個所を楽にしていきます。
  • 骨盤だけにとらわれずに全身のバランスや姿勢を整え、より良い方向へ回復するためのお手伝いをします
  • 慰安を目的とした施術を組み合わせることで心身ともにリラックスしていただけます。
  • 筋力回復のエクササイズや如何に楽になって頂くためのアドバイスいたします。

産後のアンバランス、つらい個所などは人によって様々です。
それぞれの方に合わせた One and Only な施術を心がけております。産後1か月経過後から施術可能です。

産前産後のケアに力を入れたきっかけ

実は開院するとき私の妻は妊娠中でした。
彼女は妊娠前までわりと整体やマッサージには無縁だったんです。
そんな彼女が妊娠、出産と経験していくうちに「あそこが痛い、つらい」などうったえる事が多くなってきました。
姿勢も悪くなった気もするし、いろいろ変化が出てきました。

そして自分自身でも子どもの世話をしていると、彼女のつらさもうなずけました。
男性は妊娠も出産もしていません。でもつらいんです、疲れるんです。

女性は妊娠、出産を経験して体型の変化やホルモンのアンバランス、24時間体制の育児……。
更に家事が加わる訳ですから疲れない訳ないですよね。

そんな毎日を送るにつれ、妊娠中は産後や育児中の人たちを楽にしてあげたい、そんな気持ちが強くなってきました。
妻にそんな話をしていると 「一緒にやろうよ」 と言ってくれたんです。

そうなんです、彼女保育士の国家資格者なんです。これは天命かな、そう思いました。
元々人の役に立つ仕事がしたいと始めた仕事です。
私は整体の仕事をし、彼女は育児も経験し更に保育士の資格を持っている。
それを一番生かして人の役に立つ事とは……。

それが産前産後のケアに力を入れるようになったきっかけです。

開院当初は自宅と院との距離が遠かったのと、自分たちの子どもも小さかったのでなかなか理想通りには行きませんでした。そして思い切って、院を自宅の近くに移して再出発をすることになったんです。
今では託児サービス付時間帯は子連れ専門店のようになっています。
どうぞ私たちにお手伝いをさせてください。