坐骨神経痛

こんな症状で悩んでいませんか?
お尻からももの裏や、ふくらはぎ辺りの痛みやしびれ、重だるい感じがする。
また、その日の状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは腰からお尻、ももの裏、膝の裏、ふくらはぎを通って足先まで伸びた、人体で最大の長さをもつ神経です。
この走行に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを坐骨神経痛と呼びます。
症状を表す言い方であり、病名ではありません。

一般的な坐骨神経痛の原因

椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などや梨状筋(お尻の筋肉)の緊張によって坐骨神経が圧迫を受けた場合に起こります。

しかし・・・

  • 病院で検査しても異常がないと言われた・・・
  • 病院に行きレントゲンやMRIなどで検査しても骨などには特に異常はない。
  • 坐骨神経痛と診断され湿布と痛みどめをもらい、電気治療などもした、だけど一向に良くならない。
  • また腰椎椎間板ヘルニアになってから数か月経ち急性期の強い痛みはなくなったが鈍い痛みやしびれなどの不快感がなかなか治まらない。

当院にいらっしゃる多くがこんな方です。

その坐骨神経痛の原因、トリガーポイントかもしれません。

トリガーポイントとは?

トリガーポイントとは主に疲労し順応性短縮を生じた筋肉に発生する硬いしこりの事をいいます。
トリガーポイントによって遠隔部位に起こった痛み、しびれ、違和感などを関連痛といい、関連痛の起こった場所を関連痛域といいます。例えば、首や肩の凝りから頭痛がする場合、首や肩にトリガーポイントができ、痛みのする頭部が関連痛域となります。
ジョン・F・ケネディの主治医であったジャネット・G・トラベルがこれを体系づけ、今日に至っています。

当院に出来る事

  • 坐骨神経痛の原因になっている固く凝った筋肉をほぐし、トリガーポイントをリリースし症状を楽にしていきます。
  • 固く凝った筋肉によって動きが悪くなっている関節の状態を良くしていきます。
  • 更に体全体を気持ちよくほぐすことにより全身の血流があがり交感神経をしずめるお手伝いをします。
  • 坐骨神経痛の誘因になっている姿勢や体操などをアドバイスいたします。
坐骨神経痛の注意事項

坐骨神経痛の原因には重篤な病気が原因の場合もありますので、おかしいと思ったらまずは病院の受診をお勧めいたします。